糖尿病の合併症で失明する!?

糖尿病の合併症で失明

糖尿病の合併症の問題は深刻です。高血糖状態が長い間続くとかなりの確率で合併症を起こしてしまいます。日々合併症の恐怖に怯えながら生活している人も多いと言われています。
そんな糖尿病三大合併症の一つが「糖尿病網膜症」です。糖尿病網膜症が進行すると最悪のケースとして失明可能性も出てきます。糖尿病網膜症は大人になってからの失明の原因1位です。
もしそんなことになったら仕事も出来なくなるし、家族にもかなりの負担をかけることになります。
何より本人の衝撃は想像できないほど大きなものとなるでしょう。

 

糖尿病は自覚症状がなく油断している人や甘く考えている人も多いようですが、ある日突然合併症が自分の身に降りかかってくる危険を抱えています。症状の悪化が現れてきてからでは手遅れになることもあるかもしれません。糖尿病を甘くみずにしっかりと向き合っていってください。

 

さらに、「糖尿病腎症」も三大合併症の一つです。
糖尿病腎症は最悪のケースとして尿毒症で透析を受けなければいけないケースもあります。
こうなってしまうと様々な不都合が現れてきます。
精神的、経済的、時間的な負担はかなりのものです。

 

糖尿病の合併症はなった人にしか分からない辛さがあります。
想像以上の負担を強いられることは言うまでもありません。