インスリンの役割とは?

インスリンの役割

インスリンの役割は血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ運んで血液中の血糖を下げる役割をするホルモンの一種です。すい臓で作られて血液を通って全身に運ばれます。

 

健康な身体ではインスリンの分泌が正常に行われることで血糖値の上昇を抑えることができていますが、何らかの理由によりインスリンの分泌が減ってしまうことで血糖値が上昇して糖尿病を発症します。インスリンは私たちにとってとても大事な働きをしてくれています。

 

血糖値があまりにもたくなってしまい体に支障をきたすようになってくるとインスリンを注射によって体内に摂取する必要が出てきます。これは本人にとって苦痛でしかありません。
毎日インスリン注射をするなんて考えただけでも怖くなってしまいます。

 

インスリンがきちんと分泌されていない状態だと血糖の値が異常に高くなりますが、
エネルギーとして活用できていない状態なので極度の疲労や倦怠感に襲われます。
そのためにもインスリンの分泌を正常に戻すことが大事です。