手汗 原因

手汗の原因はコレ!今すぐ出来る3つの対処法とは?

手汗の原因について詳しく解説します。

 

手汗の原因とは?

手汗の原因として過剰にドキドキした時、自律神経が乱れた時に起こりがちなので、そのような場面は出来るだけ避けた方が良いです。また、その場面のどんなところにドキドキと緊張することが多いのか、客観的になることでも効果的な対処法が見えてきます。人によく思われたいという気持ちがか過剰に強ければ、どう思われても自分は自分だと考え方を変えて自信を持つことで手の汗は改善されます。

 

このように気の持ち方をいつもと少し違うように考えれば、人によっては直ぐにその効果が見え始めるでしょう。他にも今いる場所を移動してみることでも収まりがきくことがあります。気温が暑い最中であれば手汗をかくのも当たり前と判別することが出来ますし、やはり涼しい場所に向かえば体全般の汗も止まります。また、首元、脇、背中といった熱を感じる部分を冷やすと、スッと止まるので、水や手を濡らして触れてみても良いかもしれません。

 

合わせて、手の汗をそのまま放置すればやはり普通の時よりも、刺激されて汗の量も多くなっているので、一度手を洗ってリフレッシュさせるのも一つの改善策です。近くに水道がない時はひとまずハンカチで拭うなどの応急処置を身につけると、気持ち的にもヒヤヒヤさせられる事もありません。

 

身体のツボも手汗対策に効果的!

他にも手汗を止める対処法として、身体のツボを押すとスッと止まる効果を発揮することがあります。労宮という手のひらの真ん中の位置にある部分を強く押すと良いです。あまり軽めに押すと、押された感覚も薄いため、痛くない程度に強く指圧していくことが大切です。手汗がひどいと感じる手はもちろん、またその別な片方の手も順番に押していきましょう。

 

特に今は手汗を感じていないという時でも、暇があったら一日何セットすると決めておき、順番にしていく手法もおすすめです。また、手のひら意外にも胸の下、ちょうど浴衣を帯で止める部分をギュッと詰めると、手な汗同様、全体の汗を改善させることができます。

 

反対に帯部分を緩め始めると、ドバッと汗が吹き荒れるように、本当に一時的にあせが出て欲しくない時にするのが良いと言えるでしょう。他にも合谷という手の甲の部分の、親指と人差し指の間、凹んでいるとされる部分を押しても汗を止めることが出来ます。ツボを押す対処法は、他人から何をしているのかバレることもなく、瞬間的にできるので、いろんな方にオススメとされるでしょう。

 

手汗の原因と対処法のまとめ

このように、手汗の悩みがあっても今すぐ行える対処法はたくさんあるので、自分に合った方法を選んで改善させていくのが良いです。あせがとりとめもなく出るということは、今いる場所が暑い、過度に緊張するという時に多いので、身体の信号としても受け取ることが出来ます。そのまま無視するとストレスとして積み重なることもあるため、可能であれば避けて通るなど自分のしたい意思に素直になりましょう。手汗体質はずっと続くというわけではないので、そこまで悩む必要もありません。