手汗 レベル

自分の手汗レベルを知ることで対策が変わる?知らない方はコチラ!

人間は、汗をかくようにできていますので、汗をかく行為自体を否定するのは間違いと言えます。ただ、汗もあまりかきすぎると少し問題な面がありますので、その対策を事前にしておかなければなりません。もちろん、汗を全くかかないよりも汗をかいた方が健康的ですが、その人の健康的な内容とは別に見た目の悪さもあります。

 

汗がバレにくい服装

例えば、Tシャツを着ていて全身汗だくだけならばその人に近づきたいと思わなくなるでしょう。かといって、汗がでない方法を考えてもなかなか難しいですので、少なくとも第3者から見て分からないような恰好をしておくことが必要になります。例えば、紺や黒などの服を着てあせをかいても目立たないような格好です。

 

体にかく汗以外にも、手汗も存在していますのでその対策も十分に立てておくことが大事になるでしょう。その一つが、重曹を使った方法になります。この方法ならば、手に吹きかけるだけで汗を抑えることは十分可能になるはずです。ただ、その量によって効果がないこともありますのでその点を知っておく必要があります。

 

手汗のレベルは3つ!

手汗のレベルは大きく分けて三つに分類されますが、レベル1になると湿り気を帯びる程度ですので特に問題はありません。例えば相手の手を握った時に、その相手が気がつくかどうかのレベルになります。それで直ちに不快感につながることもなく、決して嫌われるようなことはありません。それが原因で彼氏が彼女に振られたと感じていたが、おそらく別のところに原因がある可能性があります。

 

レベル2になると、手汗が多く水蒸気が発生しているような状態になっているレベルになります。この状態だと、悪臭をした時は手を握った時に相手は不快感を感じる可能性がありますので、かいているときには手を握らないようにする必要があります。あるいは、手を握る前にハンカチや洋服などで一度拭いてから手を握るようにするべきです。

 

レベル3になると、手のひらから汗が落ちるような状態になりますので何らかの対策を考えておかなければなりません。ある程度軽い状態ならば、制汗剤を利用することで抑えることは可能です。これを使うメリットの一つは、雑菌の繁殖を防ぐ理由もあります。汗の目に見えませんが雑菌が繁殖しているためそれを殺菌する作用があるわけです。

 

制汗剤を使う

成分としては、塩化アルミニウムが配合されたものは殺菌作用が十分にありますので利用する価値があるといえるでしょう。ただ、あまりひんぱんにつけていると掌がかぶれてしまう可能性がありますので注意をしなければなりません。

 

制汗剤は、一般的にスプレータイプのものが有名ですが、掌の場合にはクリームタイプのものもよいかもしれません。手がべたついてしまうことを気にするならば、パウダータイプのものを利用してさらっとした状態を維持してみてもよいです。
ただ、レベル3ぐらいになると、おいつかない場合がありますので、この場合は病院に行って治療を受ける必要があります。